忍者ブログ

RGタイムズ紙 / スポーツの秋?食欲の秋?読書の秋?……それともRGの秋?

そんな秋が来る日は……。 @2004 Alphapoint co., ltd. All Right Reserved.

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<インデックス>

このエントリーは常に最新の日付で表示されています。
過去の記事のまとめは下部の記事一覧を参照してください。

8/06
テンプレート変更。
ちなみに記事ごとにある右下の変なのはみるるのつもりです。

PR

コールマンメッセージについて・再

今期じゃないけどノエイン見終わりました。
かなりのハイペースで見たけれど、傑作アニメですよ。
リアル志向も結構だが、アニメならではの演出と動きが生かされていて実に素晴らしかったです。

電脳コイル、ゼーガペイン、ノエインで量子世界三部作と勝手に命名してみました。

後、ノエインを見ているとコールマンメッセージの伝えたいことのヒントが隠れているような。
クールごとに地味にニュースの内容が変わっているのも近似値の世界(パラレルワールド)ということなのだろうか。

・パンドラボックス計画による4億種の否定因子を全て解析という人類の終焉を何らかの手段で観測してしまった。
・ガイアはパンドラボックス計画によって判明した4億種の否定因子に基づいて、その回避を目的として管理体制を敷く。
・しかし観測者の過去は変えられないという量子の不確定性により、人類の終焉は不可避と判断。(4億という数字がなんとなくそれっぽい)
・その為、観測者(人類)を「量子共役ゲート」を通して物理法則の檻からの解放を試みる。
・「量子共役ゲート」の暴走によって生じた結果により


「…だったため、ゲートの暴走は…でした。光は一瞬にして……は確かに…も跳躍……その…が問題でした。…の…は、当時…に作られたばかりの…だったのです」
「多くの情報が失われ、恐らく…として…のに必要な情報も失われたのでしょう。…が最後に望んだのは『……』という願望だけでした。…のみが生き続け、既に…『かつて…だったもの』…ヒュームハンターが……。彼らは今も原初の…に忠実に、…を…いるのです」
「現在のグレートヴォイドウェイは……が……できた空洞を利用して作られました。皮肉なことに、……が……に対抗するための最後の砦となったのです」


・ってな具合にグレートヴォイドウェイ世界が誕生。
すみません、このあたりがよくわからずに端折りました(´∇`)

そういえばID入れてログインする時に如何にも何かにアクセスしているような文字列が出るけれど、量子共役ゲートによって観測者としての人の同質性を保ったまま量子変換してGVWにアクセスしてるよ、な演出なのかもしれませんね。

昨年あげたコールマンメッセージ総括の記事と融合させればそれなりに纏まった話にできるかもしれないな。また纏まったら書いてみたいと思います。

アニメとか。

[前期のアニメ]

<マクロスF>
途中がグダグダだったけど、歌のノリで押し切ってラストを無理やり綺麗にまとめていた。
どっちかというとシェリル派。

<コードギアス>
最後綺麗にまとめてきた。
ダークヒーローのラストはハッピーエンドではないと相場が決まっているらしい。
視点によってはハッピーエンドだけれどね。

あれ、これだけしか見てないのか。
とりあえずエロ、グロ、ナンセンスが受けるというのを再確認。
ギアスも結構突っ込みどころの多い展開だったけどむしろそのほうが楽しいという面もあったような。
昭和時代の少女漫画なんてナンセンスすぎて素敵だもの。

それなんてエロゲ?

<ローマ人の物語・ハンニバル戦記感想>

最近、また塩野七生著のローマ人の物語を読み直している。
civ4の影響で議会制民主主義という社会制度に疑問を覚えていたので、ギリシャにおける民主政治、ローマ共和制時代の興隆など深く考えさせられることは多い。

プラモ

buster.jpg
3年前ほどに友人から貰った1/100のバスターガンダム(ディアッカ人形付)をこのまえようやく完成させた。
プラモ作るのなんて中学生の時以来だから相当久しぶりである。
色を塗ろうとしたが持っていたガンダムマーカーが軒並み色が出ないぞ!
仕方がなく唯一使えた墨入れ用ガンダムマーカーだけ使いました。
最近の(といっても3年前)プラモは墨入れだけでも結構サマになるんだなぁ……。
それにこの渋い色にポイントで入るオレンジ色が好みです。

ここで話を変えて、RG的にバスターを作っていて思ったこと。

二脚って本当にバランス悪いよね。
特にガンダム系って不必要なほど脚長いから特にひどい。
宇宙ならまだいいのかもしれないけれど、あの巨体物体を走らせたりできる場所も限られてるだろうし、兵器としての実用性はなさそうだ。
ただし、現実的な観点から見ると重大な欠点を持っている二脚だが、物語世界において活躍しつづけるのはまさしく”ロマン”の一言に尽きるのだろう。

バスターガンダムは個人的な趣味でいえば、更に大鑑巨砲主義を笑えない。
「超高インパルス長射程狙撃ライフル」はまさしくロマンの一品。
ミサイルなどの実弾兵器を撃てるのもまたたまらない。
Wガンダムのヘビーアームズも好きだが、カラーリングにおいてバスターのほうがより好みである。

……と、個人的嗜好を語るのはここまでにしておきます。

とにかく二脚はロマン、これに尽きる!!
というお話でした。
 

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[09/17 ヨネヤマ@管理人]
[09/16 750]
[07/16 ヨネヤマ@管理人]
[07/15 Sukeroku]
[06/28 ヨネヤマ@管理人]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
ヨネヤマ☆マサオ
性別:
非公開

バーコード

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]